• タイトルテキスト

    ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。

  • 国際教育博の開催にあたり
    「世界で急増するインターナショナルスクール」

    Demand for international schools is increasing worldwide

    インターナショナルスクールの調査を実施するISCリサーチによると世界中でインターナショナルスクールが10年で2倍(校数)に拡大すると予測されています。

     

    日本では、世界基準のカリキュラムを採用する教育機関も増えています。

    日本国内では、The International School Timesの調査によると乳幼児の教育および保育では、幼稚園、保育園、こども園の既存とは異な第四の軸として英語で学ぶプリスクール(以下、キンダーガーテンなどを含む)が台頭しています。

     

    The International School Times の調査によると英語で学ぶプリスクールは、国内で約6万人が在園しています。

     

    この背景には、小学校の英語科目化、海外転勤族の増加、帰国生の低年齢化と増加、外国人労働者の増加などにより生徒のグローバル化が進展する中で、保護者の保育・教育ニーズが英語化し、さらに世界基準の学びに変わってきています。

     

    初等、中等教育のインターナショナルスクールも増加しており、お子様とご家庭のために世界基準で学ぶインターナショナルスクールや国際バカロレアやケンブリッジ国際など英語で学ぶことができる教育機関と英語をどのように学び、どのように人生のツールとしていくのかを様々なメソッドを国際教育エキスポでご紹介いたします。 

    According to ISC reports*, the number of international schools have doubled within the past decade. Schools utilizing global curriculum, such as International Baccalaureate, are on the rise as well.


    Within the types of early childhood education offered within Japan, along with Japanese kindergartens, nurseries, and certified child centers, the number of international preschools and kindergartens are increasing as the forth axis of early childhood education. According to the calculations of International School Times, those learning in such English preschools and kindergartens currently amounts to more than six thousand children.

     

    As the demands for learning in English rise, international schools are increasing in its number. We would like to hold this International School Fair as a place for you to understand and meet the international school and IB school representatives.

    Understanding international schools form different perspectives!